水滴

スポーツウェアから調理器具まで幅広い活用方法がある撥水剤

ブーツやジャケットの保温性維持には撥水剤として防水スプレーが必須

スプレー

冬場、外出しても体を冷やさないようにするために欠かせないブーツやジャケットですが、防水スプレーを使用することで、雨や雪に濡れた時にも、保温性を維持することができるようになります。防水スプレーの役割は撥水剤として働くことで、ブーツやジャケットの表面についた水滴が、生地の内部まで入ってこないようブロックしてくれます。撥水剤効果を発揮してくれる防水スプレーの本体は、フッ素コーティング剤です。
ブーツの生地やジャケットの繊維に防水スプレーを吹きかけると、成分であるフッ素コーティング剤がごくうすいフッ素樹脂被膜を作ります。フッ素樹脂の膜は、水を始め、様々なものの粘着を防ぐという珍しい特性を有しています。これによって、防水スプレーの撥水剤効果が発揮され、ブーツもジャケットも水を吸わなくなるのです。
冬場、着ているものや履きものが水を吸うと、大変なことになります。特に、真冬日が続くようなエリアでは、靴に水がしみ込むと、外にいる間に足先が凍傷にかかる危険性があります。豪雪地帯で着用するジャケットも、水を吸う生地だと、あっというまに防寒効果が失われてしまい、長時間の外出には耐えられないでしょう。フッ素コーティング剤を原液として使った防水スプレーは、冬場の人々の生活をこんな形で守っています。

TOP